Iターンで田舎暮らしを始めるまで

ウツだった日々(後編)

朝起きても、会社に行くことがツラくなった。 仕事も休みがちになってしまった。 アパートから外に出ず、引きこもる日もあった。 何に対しても興味がなくなり、ぼーっとテレビを見ることが多くなった。 笑うことが少なくなり、妻...
Iターンで田舎暮らしを始めるまで

ウツだった日々(前編)

独身時代、 学校を卒業してからは、サラリーマン生活を順調にこなしつつ、時が過ぎていった。 元々、物欲があまり無い人間だったので、お金は十分足りていたし、自宅から通っていたから、生活に困るということもなかった。 幸いにも両親が元...
Iターンで田舎暮らしを始めるまで

家が買えない!(後編)

二重生活は出費が多い 家に帰り、我に返り、生活費のシミュレーションをしてみると、二重生活だと生活費の出費が多くなることがわかった。 電気やガス・水道の基本料金を、毎月、両方の家で払わなければいけない。 家具・電気製品などの...
Iターンで田舎暮らしを始めるまで

家が買えない!(中編)

1.もっと広い家を借りる 2.実家で同居する 3.マンションを買う 4.土地を買って一戸建てを建てる 上記4案をあきらめた僕は、次の案を考えた。 都会と田舎の二重生活 5番目の案は、 アパートは今のまま、その代わり...
Iターンで田舎暮らしを始めるまで

家が買えない!(前編)

学校を卒業してから、10年間横浜の会社に勤めていた。 結婚してからは、横浜のアパートに住み始めた。 長男が生まれてしばらくするまでは「せまいながらも楽しい我が家」だったのだが、長男が大きくなってくると、モノが増えてきて、家がせま...
Iターンで田舎暮らしを始めるまで

田舎暮らしへのあこがれ

八ヶ岳と尾白川の美しさ 社会人になってから、毎年、仲間と山梨県の八ヶ岳南麓に遊びに行った。 八ヶ岳、富士山、甲斐駒ケ岳の山々が美しく、たき火をしに行く尾白川の水もとてもキレイだった。 木々の中で生活をしていると、自然と早起...