ウツだった日々(後編)

Iターンで田舎暮らしを始めるまで

朝起きても、会社に行くことがツラくなった。

仕事も休みがちになってしまった。

アパートから外に出ず、引きこもる日もあった。

何に対しても興味がなくなり、ぼーっとテレビを見ることが多くなった。

笑うことが少なくなり、妻も心配するようになってきた。

精神科医からの強烈なアドバイス

(おかしい・・・)

気力がわかなくなってしまったので、精神科の病院に行くことにした。

「軽いウツ病です」、と診断された。

抗ウツ剤を飲んだが、あまり効き目がなかった。

治してくれる病院を求めて、精神科と心療内科の病院をハシゴするようになった。

4軒目の病院で、精神科の先生に

「あなたは、本当は自分のやりたいことが見えているのに、
それを実行できないと思っているだけじゃないですか?」

「自分がこれからどうしたいのか、会社を休んで考えてみてください」

とアドバイスをもらった。

強烈なアドバイスだった。

自分を誤魔化し続けていると、本当に取り返しのつかないことになると気づいた。

休職して考えたこと

診断書をもらい、会社を1ヵ月休職した。

その間は、不思議と精神的にとても楽だった。

一人で街をぶらついたり、公園を散歩したりしていろいろ考えた。

(今、オレのやりたいことは田舎に住むことだ)

(いろいろなシガラミがあって、それを実現できそうにない)

(でも、こんな生活を続けていて幸せになれるのか?)

(事実、家族や仲間に迷惑をかけてるじゃないか)

(オレ自身も、全然幸せではないじゃないか)

今の場所に、今の会社にいてはダメだ。

もう、都会にしがみつくのはやめよう。

無理せず、出来る仕事をしよう。

住みたい場所に行ってみよう。

そして、田舎暮らしをすることを決心した。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

コメント