家が買えない!(前編)

Iターンで田舎暮らしを始めるまで

学校を卒業してから、10年間横浜の会社に勤めていた。

結婚してからは、横浜のアパートに住み始めた。

長男が生まれてしばらくするまでは「せまいながらも楽しい我が家」だったのだが、長男が大きくなってくると、モノが増えてきて、家がせまくなってきた。

アパートは木造アパートの2階だったので、長男が走り回ることで下の人はかなりうるさく感じているはずだった。

「そろそろ、家を移らにゃ」と思い、いろいろ考えてみた。

1.もっと広い家を借りる

今よりも広い家を借りるのは、現実的であるが、3DKのアパート以上となるとかなり家賃がかかりそうだった。

その横浜のアパートの家賃は10万円だった。
会社からの家賃補助もない。
これ以上のお金を家賃にかけたら、貯金ができなくなる。

これはキツい。

2.実家で同居する

妻の実家は義姉さん夫婦が同居しているのでダメ。

僕の実家は父母二人きりなのでいいかも、と思ったが、同居に向かないタイプの家だし、嫁姑問題が起きそうだし、何より会社までの通勤時間が、片道2時間近くになるのがキツかったので却下。

3.マンションを買う

マンション購入は、あまり考えていなかった。

その頃は保険・保証のことは何も知らなくて、
「高い金出して買っても地震が起きてツブれたら、土地は自分のモノじゃないんだから、ゼロになっちゃうじゃん」

と考えていた。

4.土地を買って一戸建てを建てる

やはりこれが一番だが、一番現実性(実現性?)が無い

一戸建てを目標に、まずは新聞の折込広告に入ってきた近くの物件に足を運んでみる。

住んでいたアパートの近くで「庭付一戸建て」を見て廻ってみる。

「いいな」と思う家はどれも4千万円以上である。

「4千万円・・・」

金は当然借りるのだが、返すのに何年かかるのだろう?

途方に暮れてしまった。

「お金なんかはちょっとでいいのだ」

というユニコーンの「大迷惑」の歌詞を心の支えに生きてきたが、
やはりお金が無いとダメなのかしら、と思い始めていた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

コメント