Iターンで田舎暮らしをするには

「自分に合う仕事が田舎にあるのか?」

田舎暮らしを夢見るあなたが(やっぱりムリだなぁ)と思ってしまうこと。 それがこの「田舎に自分に合う仕事はあるのか?」という点ではないでしょうか? いくら住む場所が良くても、自分の好きな仕事、得意な仕事、稼げる仕事が出来なければ幸...
Iターンで田舎暮らしをするには

「田舎に住むなら、まずは家を借りる」

気に入った田舎が見つかって、仕事も見つかったら、家探しですね。 「田舎に行ったら、すぐに家を買って(建てて)そこで、広々と暮らすんだ」 と希望に胸をふくらませている方も多いと思いますが、僕のアドバイスは、「まずは家を借りる」というこ...
Iターンで田舎暮らしをするには

Iターンして田舎暮らしをするには?

世にある田舎暮らしの情報は、まとまったお金を持ってリタイアした方が、田舎の安い土地を買って、家を建て、そこでの生活方法を紹介しているものが多いように感じていました。 または、田舎に土地を買って、別荘のように休みに通う、とか。 サ...
田舎暮らしが始まって

「やっぱりこの土地がいい」

不動産屋の雰囲気と担当者の態度が気に入らなかったので、「じゃあ、結構です」と言って、検討をやめてしまった土地。 でも、その場所は しばらくアタマから離れなかった。 (もう一度、詳しく話を聞いてみようか?) (でも、あの不動産屋...
田舎暮らしが始まって

気の合わない不動産屋

理想の土地で「土地売ります」の看板を見つけた。 土地はバイパス沿いだったが、バイパスからは50mくらい入った場所なので、バイパスを走るクルマの音はそんなにうるさくないし、小さな子供にとっても危険ではない。 元々少し斜めの土地であ...
田舎暮らしが始まって

散歩で見つけた田舎の土地

2004年、僕はダイエットを兼ねて近所を散歩することが多かった。 田舎はクルマで動くことがほとんどなので、近所を徒歩で歩いていると、思わぬ発見をすることが多かった。 意外な場所からの景色が素晴らしかったり、 キレイな花が咲...
田舎暮らしが始まって

田舎の競売物件を調べてみる

「競売物件」 なんとなく、おっかない言葉である。 「占有者がいて、その人がや○ざだった」とか、物件の番号が「事件番号」と呼ばれたりしていて、どうもあまり良いイメージがない。 競売物件について調べてみる 「素人は手を出...
田舎暮らしが始まって

田舎で土地を探す(後編)

田舎での土地探し。 次にやったのは、近所の気に入った土地を見つけて、その土地の持ち主を調べて交渉してみる、というやり方だった。 借りていた家から徒歩3分くらいに、手頃な土地があった。 まっ平らな土地だし、景色もいいし、その土地...
田舎暮らしが始まって

田舎で土地を探す(中編)

●田舎暮らしの雰囲気があり ●今住んでいる借家の近くで ●水、電気を新たに引く必要がなく ●土地は平坦で ●ある程度の広さ(100坪)があり ●坪単価は8万円以下 ●小学校には徒歩30分以内 うーん、こんな都合のいい物件が...
田舎暮らしが始まって

田舎で土地を探す(前編)

次男が産まれ、モノも増え、借りていた家(平屋)も手狭になってきた。 何のために田舎に来たのかと言えば、「田舎だったら家が建てられるかも」という大きな理由があったのだ。 田舎での土地探しを始めることにした。 田舎の土地は安ければ...