「やっぱりこの土地がいい」

田舎暮らしが始まって

不動産屋の雰囲気と担当者の態度が気に入らなかったので、「じゃあ、結構です」と言って、検討をやめてしまった土地。

でも、その場所は しばらくアタマから離れなかった。

(もう一度、詳しく話を聞いてみようか?)
(でも、あの不動産屋と話をするのはイヤだな)

気に入った土地での工事が始まった

しばらくして、またその土地に行ってみると、工事が始まっていた。

1つの土地を2つに分けているようだった。
全体に斜めの土地だったので、2つに仕切ってそれぞれを平らにしていた。

(ふーん、一つの土地で売るんじゃないんだ)

確かに200坪というのは、住宅の宅地としては広すぎる感じだ。
きっと、それでは買い手がつかなかったのだろう。

また1週間後に行ってみると、今度は2つの土地の1つで測量をしていた。

いよいよ家が建つのだ。

(クソー、オレが一番最初に見つけたのに)

と、行き場のない怒りのようなものを感じていた。

そしてまた、一週間後、
(しかし、今考えると ホントによくこの場所に通っていた)(笑)
今度は、家の基礎を作っていた。

そして、2週間後、あっという間に家の骨組みが建ってしまった。

まだチャンスはある?

その時に、下側の土地にカンバンが立っているのを見つけた。

そのカンバンには、
「ABCホームの建売住宅です。○○○○万円で売り出し中」
と書いてあった。

そうなのである。

その家は、僕が嫌いだった不動産屋からABCホームが土地を買って、建売住宅を作って売りだしたのである。

(そうだったのか!)
(値段も手頃じゃないか!)

すぐに妻に話して、この家を見せてもらおう、と切り出した。

家の価格と夢の家とのジレンマ

しかし、妻は、「注文住宅でなくてもいいの?」と聞いてきた。

「・・・」

確かにそうだ。
土地のことばかりを考えて、家のことを考えていなかった。

僕と妻には、
「木の香りのする家」「薪ストーブのある家」「エコな家」を建てたい、という夢があったのだ。

それからしばらくは その家が出来上がるのを、遠くから見ていた。

ほぼ完成という頃に、
「買うかどうかは、別にして、とにかく見てみよう」と妻に言って、ABCホームに電話をしてみた。

「いつでも見に来てください」と言われたので、本当にすぐに行った。

ABCホームの社長さんは、気さくな感じの元氣なおじいさんという感じだった。
ABCホームは、地元の工務店で、この近辺にも何件か家を建てていた。
新しい工務店でもないし、あやしい雰囲気もなかった。

家の中を見せてもらった。

とても良い家だった。広さも申し分ない。
何よりも窓からの眺めが素晴らしい。

(やはり、気に入った土地を優先した方が良いのではないだろうか)
(でも、薪ストーブはどうする?エコな家は?)
(妻も気に入っている、キッチンも希望のカウンターキッチンだ)
(でも、建売だから、今からじゃ何も変更出来ない)
(値段は手頃だ。注文住宅になったらいくらかかるかわからない)
(住宅ローンの期間は10年までにしたい。注文住宅になったら無理かもしれない)

迷った。
 
 
ABCホームの社長さんに「検討します」と言って、家に帰った。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました