田舎に引越し どうする?どうやる?

Iターンで田舎暮らしを始めるまで

都会から田舎への引越

都会から田舎への引越しというのは、かなり大変だ。

今までは、近場間での引越し経験しかなかったので、少しくらい段取りが悪くても、何とかなってしまっていた。
(もう一回往復すればいいや)とか(また後で取りに来ればいいや)とか。

しかし、今回は一発で決めないといけない。
往復し直すワケにはいかないのだ。

引越業者の見積もり

引越しは 業者に頼むことにした。

インターネットで検索した業者に連絡する。

引越しまでの時間がなかったので、早く見積もりが欲しかった。
予算よりも高ければ、他の業者にも見積もりをしなければいけない。

「引越しの見積もり」という作業を初めて経験した。

運ぶ家具を次々に点検していく。
運ぶ荷物量によって、トラックの大きさが決まるので、点検はシビアだった。

これは捨てる、これは持って行く、これは実家に置いておく、などの選択をその場でしなければいけなかった。

前もってしておくべき作業だったな、と思う。

引越しピーク時ではないので、比較的安く済むとのことだった。

しかし、予算はギリギリだった。

この頃、妻は妊娠6ヵ月で、あまり経過が良くなかった。
だから、できれば「引越らくらくパック」のようなサービスを受けたかった。

ダンボールに詰めるくらいは出来そうだったけれど、それをいくつも移動するような作業はさせたくなかったのだ。

でも予算を考えると「らくらくパック」は、むずかしかった。
(約5~6万円のアップだった)

引越代を会社が負担してくれる?

(何とかならんかなぁ・・・)
(他の引越業者にも見積もりを頼んでみるかなぁ)
と思いながら、田舎暮らしの雑誌をパラパラめくっていると、

「Iターンで次の会社が決まっている人なら、引越代を会社に負担してもらえないか、頼んでみましょう」

という記事が目に留まった。

(ちょっと図々しくないか?)
と思いながらも、ダメ元でIターン先の会社に電話をしてみた。

「あ、大丈夫ですよ。見積もりをFAXで送ってください。」

あっけない一言だった。

「らくらくパック」の見積もりを取って、FAXするとすぐに「OK」の返事が来た。

妻と手を取り合って、笑い合ってしまった。

こんな「大盤振る舞い」の引越はもう二度と出来ないだろうなぁ、と思っていたので、本当にほとんどのことを「おまかせ」してしまった。

お皿やコップなどを、一つ一つ紙に包んでくれたり、冷蔵庫や洗濯機などの電化製品の拭き掃除なども、ていねいにやってくれる。

最後は部屋の掃除までしてくれた。

ほとんど引越しの作業をしないまま、横浜のアパートからは物がなくなった。

「ガラン」とした部屋を眺めながら、

(いよいよ、田舎暮らしが始まるんだ)

と不安と期待が胸に押し寄せてきた。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

コメント