妻のとまどい(前編)

田舎暮らしが始まって

僕らが田舎にIターンをした2001年6月。

長男は2歳、妻のお腹には妊娠6ヶ月の次男がいた。

友達がいない 友達ができない

当初は家にクルマが一台しかなくて、平日は僕が通勤のために使ってしまう。

妻は運転免許を持っていたが、クルマが無いので歩いて行ける範囲内でしか行動ができなかった。

近くに歩いて行けるようなお店などは無かった。

身重のカラダなので、あまり遠くにも行けず、2歳半の長男と家にいることが多かった。

横浜のアパートに住んでいたときは、徒歩30秒の公園で長男を遊ばせ、気の合うママ友同士で、おしゃべりをすることが出来た。

長男の友達もたくさんいて、アパートにも毎日のように遊びに来ていた。

でも、田舎にきたので友達はいない。近所に同じくらいの歳の子供もいない。

あまり家にこもっていると、長男がストレスをためてイライラするので、近くの公園や、児童センターにも行ってみたことがあったそうだ。
でも、そこには小さな子供はいなくて、小学生しかいなかった。

田舎に移住して妻はストレスを溜めていた

このころ、長男のトイレ・トレーニングを始めた。

最初はうまくいかなくて、あちこちでオシッコをしてしまい、妻もピリピリしていたらしい。

僕が新しい会社に慣れることに一所懸命だったのを見て、あれこれ言えなかったのだろう。

妻はあまり、これらのことを僕に言うことはなかった。

でも妊娠中の妻にとって、もっと問題だったことがあった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

コメント