散歩で見つけた田舎の土地

田舎暮らしが始まって

2004年、僕はダイエットを兼ねて近所を散歩することが多かった。

田舎はクルマで動くことがほとんどなので、近所を徒歩で歩いていると、思わぬ発見をすることが多かった。

意外な場所からの景色が素晴らしかったり、

キレイな花が咲いている場所を見つけたり、

少し山に近いと、サルを見つけたり、、、

ある日、借りていた家よりも山に近い方まで遠出をした。

遠出といっても、歩いて15分くらいだ。

少し高台にあるその場所に行くと、南に富士山がとてもキレイに見えた。

北には八ヶ岳。

そして、東には、甲府の街が一望出来る。

(夜になったら、スゴくキレイなんじゃないだろうか?)

夜に行ってみた。

甲府方面の夜景がキラキラと美しく輝いていた。

(あ、ココはいいな)と思った。

いや、(ココがいいな)と思った。

それからは、その近辺を重点的に散歩するようになった。

そして見つけたのだ。

「土地売ります」の看板を。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

コメント