僕が毎週「帰省」する

田舎暮らしが始まって

10月中に着々と冬支度を整えていたのだけれど、 家族は年内には帰って来なかった。

理由は、僕の仕事が忙しすぎたことだ。

毎日午前様で帰ってくるような状態なのだったら、このまま実家にいて年末年始まで過ごした方が良い、という妻の意見を尊重することになったのだ。
僕もその方が気が楽だったので、さらに2ヶ月、田舎で一人で過ごすことになった。

毎週末に帰省する

毎週土曜日の朝、中央高速を走って、川崎まで行き、産まれたばかりの次男と家族の顔を見て、週末を過ごして、日曜日の夕方に山梨に帰る。

周りからは「大変だね」と言われていたけど、家族と離れることで、絆が強まった気がした。

行きも帰りも渋滞とは逆方向だし、「田舎」と「都会」を往復することで気持ちの切り替えも出来た。

なので、苦にはならなかった。

横浜に住んでいた時は、人の多い「都会」がキライだったけれど、田舎で生活するようになると「都会」が恋しくなる

「都会の便利さ」「人ごみの心地よさ」みたいなものを感じるようになってきたのだ。

これは、僕にとって大きな発見だった。

青年海外協力隊に参加して、アフリカで2年間暮らした時も、「日本の良さ」をすごく感じたし、日本を離れている時の方が「日本」という国のことがよく見えていた気がした。

移動や旅をすることは、自分の位置、自分の本当の気持ち、を確かめるのに、とても大事なことなのかもしれないな、とこの頃よく感じていた。

忙しかった仕事が少し落ち着き始めた。

そして、2002年1月、「4人家族での田舎暮らし」が始まった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

コメント