仕事と家族の問題(中編)

田舎暮らしが始まって

田舎で勤め始めた工場では、新しい生産管理システムのテストが始まり、テストデータの準備、マスタの整備、シミュレーションの実施と評価が進み始めた。

毎日が目の回るような忙しさで、僕の残業が増えてきた。

家に帰るのが午前様になってしまったり、早朝出勤も増えてきた。

何のための田舎暮らしなのか?

「仕事」よりも、「お金」よりも、「家族」と「自分の時間」を大切にするため「Iターンで田舎暮らし」だったのだが、それが崩れてしまっていた。

家に帰ると3歳の長男は既に寝てしまっていて、話すこともできない。

帰りが22時を過ぎそうな時は、妻にも「先に寝ているように」と言っておいた。

朝、僕が疲れているので、早く起こしてはイケナイと思っているらしく、妻と長男は、ヒソヒソ声で話しをしていたりした。

睡眠不足で、朝はギリギリまで寝ていて、夫婦の会話も少なくなっていた。

もうすぐ出産の妻をいたわることもむずかしくなってきていた。

(ん?なんかオカシイぞ・・)(これじゃ横浜にいたときと変わらないんじゃ?)と思い始めていた。

引越し後2か月でまた引越しをする

次男の出産予定は、10月初旬だった。

そこで、予定を早めて8月に神奈川の妻実家へ、出産準備のための妻子だけの引越しをすることにした。

妻と長男の面倒を実家でみてもらえば、僕が山梨である程度不規則な生活をしても、全然問題はなくなる。

6月下旬に引越しをして、ようやく荷物が片付いたのに、また引越しの準備をするのが少し面倒だったけれど、仕方がない。

8月のお盆前に、妻と長男は 実家に帰った。

しかし、新システムのスケジュールは予定どおりには進まなかった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

コメント